イタチやノミ、トコジラミ、ねすみの駆除や捕獲法

定期的に駆除が必要

専門サービスによるノミの駆除や発生予防

ノミは動物の血をエサとしているので、ペットを飼っている家庭では特にノミが発生しやすいです。ペットの体を洗ったり、ノミよけの薬をつけたりすることで、ある程度は発生を防ぐことはできますが、それらの効果は一時的なものです。また、ペットが気に入っている場所にこまめに掃除機をかけることで、発生したノミをいくらか駆除することもできますが、これも完全ではありません。ノミの卵はツルツルとしているため、ペットの体から滑り落ちやすく、ペットの移動にあわせてあちこちにばらまかれてしまうからです。 しっかりとノミ駆除をし、再度の発生を防ぐためには、専門サービスを利用することが最も有効です。殺虫剤によるノミ駆除はもちろん、幼虫発育阻害剤の散布もおこなわれるからです。どちらも強力に作用する薬剤なので、散布後数ヶ月は効果を発揮し続けます。その間に、既に成虫になっているノミは死滅しますし、ばらまかれた卵から孵化した幼虫も成長せずに、やはり死滅していくのです。

定期的に依頼することで半永久的に被害を防ぐことができます

専門サービスにノミ駆除をしてもらっても、外での散歩などにより、ペットの体には再びノミが寄生してしまうことがあります。先述したように、専門サービスにより散布される薬剤は、数ヶ月ほど効果が持続します。しかし効果が切れた後に、外からノミが持ち込まれた場合には、再びノミが発生してしまうことになります。 そのため専門サービスによるノミ駆除を、定期的に依頼する人も多くいます。特に春はノミが発生しやすいので、外から持ち帰る可能性が高くなります。そのため春になる前に専門サービスに依頼して、再び薬剤を散布してもらっておくわけです。そうすることで、仮にノミを持ち帰ったとしても、そのノミが繁殖してしまうことはなくなります。定期的な依頼により、半永久的にノミ被害を防ぐことができるようになるのです。