イタチやノミ、トコジラミ、ねすみの駆除や捕獲法

種類で駆除法が違う

殺鼠剤も効かない厄介なねずみも出ている

一口にねずみといっても多数の種類が世界にはおり、日本だけでも10属27種のねずみが存在します。大半は家屋など人の生活にとっては無害なねずみで、実際に家などに住み着いて被害を及ぼすのはドブネズミやクマネズミ、ハツカネズミです。これらの3種のねずみはそれぞれねずみ駆除の方法がも違ってくるので注意が必要です。 また最近のねずみには殺鼠剤が効かない、いわゆるスーパーラットと呼ばれるタイプもいます。各種殺鼠剤の成分に対して、遺伝子レベルで耐性を持っているとされ、ねずみ駆除が非常に困難なため問題になっています。 このように被害を人に及ぼすねずみは複数種おり、スーパーラットもいることから、悩んだ場合は害獣駆除業者などにねずみ駆除相談をするのも良い手段です。

ねずみ駆除が必要となる前に対策を行える

多くの事象には対処法がそれぞれ存在しています。ねずみに関しても同様で、ねずみ駆除が必要となる状況に達するまでに、未然にその被害を防ぐ方法も存在するのでテクニックとして知っておくと役立ちます。 未然にできるねずみ対策としてはまず侵入防止のための対策があります。住宅やオフィスなどへ外部から侵入させないために対策を行う方法で、まずねずみの食べ物となる残飯や食べ物屑なども残さないことが重要です。ゴミ置き場なども常に清掃をしておき、綺麗にしておきます。また侵入口となりがちな排管や建物の割れ目などにはパテやねずみ反しを付けて対策をします。 さらにねずみの巣を作らせないためにも、巣の材料となりやすい新聞紙やビニール類は片付ける対策が有効です。もしそれでもねずみが出るようなら、専門業者に調査を依頼するのが賢明です。