イタチやノミ、トコジラミ、ねすみの駆除や捕獲法

イタチの捕獲方法

イタチの被害は様々です

イタチには日本の在来種である「ニホンイタチ」と外来種である「チョウセンイタチ」があります。短足で細長い体型をしているという特徴があります。雑食であるため、ニワトリやネズミなどの動物の他に、果物や農作物などを食べることから、農家にとっては害獣とも言えます。 イタチの被害としては、農作物に対するものだけではなく、床下や天井裏に棲みつき、繁殖することから糞尿の臭いなども考えられます。 イタチ対策としてはまず、侵入口をネットや網で塞ぎ、進入することが出来ないようにすることが大切です。 捕獲器を使用して捕獲する場合には、敷地所有者の許可があり、狩猟期間内であれば、特別な免許がなくても罠を設置することが出来ます。

捕獲する方法について

捕獲器を使用する場合には、イタチの通り道に設置するようにしましょう。イタチをおびき寄せるための餌としては、唐揚げや果物などがオススメです。ただし、捕獲することが出来るのは、オスのみであり、メスは狩猟期間内であっても捕獲することが出来ないので注意が必要です。 捕獲したイタチに関しては、各自治体に確認するか、遠くの河川などに逃すようにしましょう。 個人的な対応が難しいという場合には、専門的な業者に依頼するという方法があります。駆除方法や費用については、業者により異なりますので、いくつかの業者に見積りを依頼するようにしましょう。また、一度駆除をしても、再度棲みつくということもありますので、その後の対応も重要です。